既存データセンターの問題点
自然災害リスク

地震や津波などの自然災害による障害に対するリスクを考慮し、対策をしておく必要がある
空調能力の不足

消費電力の高い最新機器は排熱も大きいため、空調能力の低いデータセンターでは、高密度に設置することが困難
電力供給力不足

機器1台あたりの消費電力の上昇+気候温暖化による冷房稼働時間の長期化+電気料金の上昇というトリプルパンチ
青い森クラウドベースの特徴
青森県の低い自然災害リスク

  • 2012年から30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率3%以下(首都圏は26%以上)
    全国地震動予測地図(資料)
    地震調査研究推進本部2012年12月発表
  • 落雷が少ない
    全国落雷頻度マップ(04~08年:5年間積算値)
    (資料)㈱フランクリンジャパンHP
  • 台風の月別の主な経路から外れている
    (資料)気象庁HP
外気冷房に適した冷涼な気候

  • 青森県の年平均は10.4度、東京よりも5度以上低く、建設予定地の六ケ所村の夏季の気温はさらに2度程度低い。外気冷房に適した外気温20度位下の時間は年間の9割以上。

  • 雪氷冷房対応の最新鋭の間接外気空調ユニットを新規開発。
    バックアップとして機械冷房機能も搭載


夏季には雪氷冷房を利用

雪氷冷房は農作物の保管や公的施設への実績はあるが、2014年12月現在、商用データセンターとしてはまだ実施例がない


外気冷房+雪氷+その他最新高効率技術でPUE1.2以下を実現

経済産業省 平成26年度「中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業(省エネ型データセンター構築実証)・データセンターの地方分散化に資する省エネ性向上の実証」採択

最新のIT機器に対応した高規格な高密度のデータセンター

  • ラック当たり実効平均4kVA~15kVAを提供予定
  • 耐荷重2.0トン
  • 新耐震基準準拠+免震システム採用
  • JDCC Tier3以上準拠
  • サーバ棟は80ラック単位で増設可能なモジュラー設計
  • 将来の技術革新に柔軟に対応可能
  • 「一棟貸し」で自社のデータセンターとして独立運用管理にも対応
提供サービス
回線サービス
インターネット:専有10Mbps/100Mbps/1Gbps、共有:10Mbps/100Mbps 単位
VPS接続:10Mbps/100Mbps 単位

ハウジングサービス
45U 1/1ラック、1/2ラック
ハウジング価格に含まれるサービス(平日9:00~18:00)
  • お客様サーバー機器などの電源のON/OFF作業
  • LEDランプの目視確認作業
定額作業(平日18:00~9:00および休日)
  • お客様サーバー機器などの電源のON/OFF作業
  • LEDランプの目視確認作業

クラウドサービス
詳細はこちら

プライベートクラウド構築サービス
個別見積もり

バックアップサービス
個別見積もり

※当社は青い森クラウドベース株式会社の販売パートナーです。
<営業販売窓口>
株式会社 ビー・プラネッツ ※お問い合わせ、ご相談がございましたらこちらからご連絡ください。
<提供元>
青い森クラウドベース株式会社